電子カルテ【REMORA】特徴3つと便利機能一覧

電子カルテ【REMORA】特徴3つと便利機能一覧


REMORAオーダーメイドを目指した電子カルテです。

remora_image

医療機関様の規模に関わらず、直感的にカルテのレイアウト変更やオーダー登録、テンプレートを作成することが可能となっています。

REMORAの特徴3つと便利機能5つ

REMORA導入によるメリットと機能詳細へは、以下リンクよりジャンプできます。

REMORAの主な特徴3つ

REMORAの特徴は主に3つあります。

  1. 特徴1. レイアウト表示を自由に変更できる
  2. 特徴2. 同一患者へ同時入力が可能
  3. 特徴3. 患者導線を表示して可視化できる

特徴1. レイアウト表示を自由に変更できる

remora_hyouji

REMORAなら使用環境を選びません。

例えば、

  • ワイドモニター
  • ノートパソコン
  • タブレットパソコン

といった、様々なデバイス構成にも対応可能です。

REMORAはアカウントのログイン情報で表示変更できる

remora_rayout

また、表示するレイアウトを記憶させることができるため

  • 文字を大きく表示し視認性を高めたい
  • 文字は小さくても良いけど、情報量を多くしたい

といった内容を、ログインユーザー毎に変更することもできます。

他にも記載内容の時系列表示や、当日記載だけの絞込み、時系列表示にも対応。

画像ファイリングソフト(Claioなど)との連携や、タグ情報で管理ができるため、いつ・どんな診療をしたか一目で把握できます。

↑特徴一覧に戻る

特徴2.REMORAなら同一患者へ同時入力が可能

remora_calte

REMORAでは、複数箇所から同一患者のカルテを開き、同時に閲覧や記載を行えます。

またデータの入力方法も、

  1. SOAP形式での入力
  2. シェーマの所見を入力
  3. 手描きでの入力

などなど自由度の高い入力方式にて、雛形を利用した記載も可能としています。

さらに、複数の患者様カルテも同時に展開することができます。

REMORAへの入力・記載方法の一例

remora_calte2

以下にREMORAへの入力や記載方法を一例として挙げておきます。

  • 初診記事や手術記録など予めテンプレートを作成できる
  • 所見+オーダー・病名+オーダーといったように自由に組み合わたマスタ登録ができる

↑特徴一覧に戻る

特徴3. 患者導線を表示・可視化できる

remora_diagnosis

REMORAの特徴3つめとして、患者様の導線を表示できることです。

例えば、

  1. 施設の運用に合わせた進捗ステータスを作成
  2. ステータス毎に患者を一覧表示

といったことが行なるため、現在の待ち人数や患者導線を即座に把握・次の進捗へと促すことができます。

remora_shinryou_hyouji

ほかにも、オプションで待ち表示板を設置することで、

  • 患者様導線に合わせた待ち表示画面
  • ご案内情報
  • 設定時間

などなどレイアウトも自由に作成可能です。

↑特徴一覧に戻る

REMORAの便利機能5つ

REMORAで使用できる便利機能は以下のとおりです。

  1. 便利機能1. 用途に応じた検索機能
  2. 便利機能2. ToDo管理機能で診療作業を共有化
  3. 便利機能3. カルテバック機能ですぐに診療情報を呼び出せる
  4. 便利機能4. 様々なチェック機能で情報のヌケ・モレを防止
  5. 便利機能5. タイムライン表示機能

便利機能1. 用途に応じた検索機能

remora_resarch

REMORAの便利機能1つめは、様々な検索条件で検索できること。

たとえば患者様情報の

  • 氏名
  • 年齢
  • 性別
  • プロフィール
  • 記事

といった様々な情報から、横断して検索することが可能です。

また過去の所見なども、文字列で検索することができます。

↑機能一覧に戻る

便利機能2. ToDo管理機能で診療作業を共有化

REMORAのToDo管理機能であれば、患者様ごとに行うべき作業を作成しメンバー間で情報共有することができます。

また、オーダーや記事入力などの作業を紐付けることで、チェック時に自動入力することも可能です。

↑機能一覧に戻る

便利機能3. カルテバック機能ですぐに診療情報を呼び出せる

remora_calte_back

REMORAでは、カルテバック機能を利用して診察後すぐに患者様情報を確認することが可能です。

用途に応じて、任意のフォルダに格納することもできます。

↑機能一覧に戻る

便利機能4. 様々なチェック機能で情報のヌケ・モレを防止

REMORAでは、様々なチェックやアナウンス機能が標準搭載されています。

機能項目機能詳細
処方・病名チェック処方オーダーから病名の入力をチェック、オーダーに適用する病名がついていない時に警告アラートを表示します。適用病名を設定することも可能です。
アレルギー禁忌チェック処方オーダ入力時に患者のアレルギー・禁忌チェックのアラート表示が行えます。
定期アナウンス定期的に行う検査・処置を患者毎に登録し、来院時にアナウンスします。さらに、 定期検査時期が迫っている患者リストを抽出し、ご案内に活用することもできます。

↑機能一覧に戻る

便利機能5.タイムライン表示機能

remora_timeline

診察情報を一元管理し、診療の流れを捉えることのできるビュー機能です。

初見や処置、オーダーやオプションで画像ビューなども一覧化することが可能です。

その他の機能

REMORAには他にも以下のような機能があります。

※オプションでの拡張機能となります。

機能項目機能の詳細
予約機能診察内容に応じて、枠表示、時間帯表示、リスト表示が利用できます。
患者受付受付を行い、患者一覧に表示します。またレセコンにも受付情報を連携します。
進歩管理進捗ステータスを自動/手動で判定し画面表示します。
※待合表示受付番号や待ち状況を待合室のモニタなどに表示することができます。
初診病名チェック・自動的に初診オーダを入力判定し、病名転記画面を表示します。
単位換算ml薬価の薬剤を分かりやすく本換算でオーダします。
検査オーダ検査会社毎に連携して検査依頼や検査結果取り込みを行います。
※画像管理各診療科の特性に合わせて、放射線および汎用画像管理システムとの連携を行います。
※診察券発行リライト方式で予約情報を印字した診察券を発行することができます。

↑機能一覧に戻る

電子ファイリングや診断書作成システムと連携してもっと便利に

REMORAは、

  • Claio
  • DocuMaker

といった他の医療用電子システムと連携できます。

特に画像ファイリングシステムである「Claio」と連携することでカルテ履歴に各種画像や検査データを埋め込めます。

またDocuMakerと組み合わせることで、自由なフォームの診断書を作成することが可能となります。

↑機能一覧に戻る

REMORAは診療科の特色に合わせた自由な構成が可能

REMORAであれば、導入される診療科毎に最適な構成で利用することができます。

もし導入や構成について疑問や不明点あれば、ラジエンスウエアまでお気軽にお問い合わせください。

>お問い合わせはこちら