【Claio】画像データを一括管理できるトータルファイリングシステム

【Claio】画像データを一括管理できるトータルファイリングシステム


Claioは画像データを効率よく管理できる、医療用データマネジメントシステムです。

claio-banner

耳鼻咽喉科様や眼科様で扱う診療画像や、エコー画像といった様々な画像データをファイリングし、必要なときに素早く見つけ出すことを可能とします。

Claioのメリット3つと機能5つ

Claio導入によるメリットと機能詳細へは、以下リンクよりジャンプできます。

Claio導入による3つのメリット

Claio導入による3つのメリットは以下のとおりです。

メリット1. 院内画像を一元管理できる

claio_image

Claioなら、HIS(Hospital Information System)単独では管理が難しい患者様の画像を一元管理できます。

様々な検査機器から画像データを取り組むことができ、画像サマリ機能を使うことで各診療科の検査結果やレポート動画を全科共通で俯瞰で見ることができます。

※連携できるHIS情報はラジエンスウエアまでお問い合わせください。

>お問い合わせはこちら

↑メリット一覧に戻る

メリット2. 電子保存の三原則を遵守した画像ファイリングを実現

three

Claioは電子保存の三原則である、

  1. 真正性の確保
  2. 見読性の確保
  3. 保存性の確保

上記を満たした画像ファイリングシステムです。

電子保存の三原則・概要詳細

電子保存・三原則の概要は、以下のとおりです。

  • すべての操作記録を保存し、データに対する操作情報を再現性を保った状態で保存
  • 保存されているデータはシステム停止時にも参照可能な状況で提供
  • システム構成としクラスタサーバでの構成、DBミラーリングでの構成に対応しており柔軟なシステム構成が可能

保存されたデータは、医療情報システムのガイドラインも遵守されたデータとなります。

Claioは医療情報システムのガイドライン基準もクリア

claio_link

Claioでは電子カルテが守らなくてはならない

といった背景から、安心して導入できる画像ファイリングシステムと言えます。

↑メリット一覧に戻る

メリット3. 動画データをHi-Vision信号に変換

claio_vision

S-Video、コンポジットのアナログ映像機器の静止画・動画の取り込みはもちろん、HDMI、DVIで出力する映像機器の静止画・動画の取り込みも行えます。

また、Hi-Vision信号変換も行えるため、取り込んだ動画も高精細の動画として映すことができます

操作としては、

  • 動画像の管理
  • 専用プレーヤーでの再生
  • 再生中動画を静止画として保存

といったことも可能です。

特に診察や施術の様子を高精細動画として保存でき、前回診察の様子をカルテより詳細に残すことができるのはClaio導入のメリットと言えるでしょう。

↑メリット一覧に戻る

Claioが誇る5つの機能

five_kinou

Claioには、主に以下5つの機能があります。

  1. データエクスポート機能
  2. DICOMキャプチャ機能
  3. DICOMコンバート
  4. 手書き機能&シェーマテンプレート
  5. 画像送信機能の連携

※DICOMとは、Digital Imaging and COmmunications in Medicineの略称。CT・MRI・CRなどで撮影した画像ファイルを扱う画像機器間の通信プロトコルを定義した標準規格のことを指します。

Claioの各機能詳細は、以下のとおりです。

機能1. データエクスポート機能

claio_export

Claioは利用者のニーズに応じ、

  • JPEGエクスポート
  • DICOMエクスポート
  • CSVエクスポート

など様々なファイル形式でのエクスポートを可能としています。

また研究用に、

  • 患者
  • 日付

といった情報を横断した状態で、一括エクスポートすることもできます。

さらに匿名化にも対応しており情報整理が行いやすくなっています。

↑機能一覧に戻る

機能2. DICOMキャプチャ機能

claio_capcha

MWMサーバを使用しなくても、Claioなら※モダリティ側に情報を入力する必要はありません

※本記事では医療機器の種類やタイプのことを指します。

Claio側で

  1. DICOMタグ情報を付与
  2. Claioサーバへ登録
  3. DICOMデータ管理

といった一連の操作が行えるため、モダリティ側とスムーズな連携を実現します。

↑機能一覧に戻る

機能3.DICOMコンバート

claio_convart

Claioであれば、DICOM化されてない検査機器からでも

  1. アナログ画像をキャプチャ
  2. DICOMヘッダを付与
  3. 院内別サーバへDICOM送信する

といったことが可能です。

院外へデータを送信するときに重宝します。

↑機能一覧に戻る

機能4.手書き機能&シェーマテンプレート

claio_Shamer

取り込んだ画像や、Claioに搭載された多彩なシェーマに原本画像を担保したまま、直接画像に手描きすることができます。

なお手描き情報は履歴管理も行えます。

↑機能一覧に戻る

機能5.画像送信連携

claio_send receive

電子カルテに画像を送信すると、プログレスノートに文字列やサムネイルが表示されます。

プログレスノートに貼り付けされた画像から、ファイリングシステムの該当画像を開くことが可能です。

↑機能一覧に戻る

Claioサービス構成の一例

ganka_pkg

眼科に特化したオプションとして、

  • 受付管理・受付票出力機能
  • 検査ビューア機能
  • ハンフリー統合ビューア機能

といった、各種HIS連携機能をご使用いただくことにより、さらに大きく診療効率を上げるシスムとして幅広くご利用いただけます。

Claioなら操作や情報共有が簡単

jibika_pkg

またClaioでは、

  • 様々な検査機器からのデータを直接自動取り込み
  • 重ね合わせを使用したグラフによる比較

など患者様にも分かりやすい情報提供ができ、管理側のドクターや検査者にも使いやすいシステム構成となっています。

他にもこんなメリットが

maple_pkg

Claioでは、電子化される中で取りこぼされやすいエコーデータや、一般的な総合電子カルテにはないプレグノグラムやパルトグラムといった産婦人科特有の形式をシステム化しています

そのため、従来の紙カルテのような使いやすさが特徴です。

不明な点はラジエンスウエアまでお気軽にお問い合わせください

ここまでご説明したClaio機能の内容は、システム構成の一例でありこの限りではありません。

ご不明な点は遠慮なくお問い合わせください。

>お問い合わせはこちら